住宅の維持管理サービス



     
 
 
 
トップページへ!
 
日本のこれからの住宅事情
住宅安心ネットとは?
サービス内容のご案内
ご利用のご案内
住宅安心ネットワークの概要
NPO法人のご案内
よくあるご質問
お問い合わせは、こちら
資料のご請求は、こちら
 
 
住宅の適切なメンテナンス 循環型社会対応への取り組み
住宅の資産価値 地域の“家まもり”
 
 
日本の滅失住宅の平均築後年数は約30年と言われてきました。
アメリカの約55年、イギリスの約77年と比較して著しく短いものです。これは、ある意味誰もが一生懸命になり取得した住宅の価値が30年後にはゼロになっていることを意味しています。
しかし、本当に価値はゼロでしょうか?
どんなものでも長い間使用していれば問題が生じてきます。
その問題を少なくするには、それなりの維持管理が必要ですが、日本の社会では住まい手のみならず、住宅事業者も新築主義に依存し、住宅の維持管理という面で本格的には取り組んでいませんでした。
本来適切に維持管理された住宅は資産価値が長期にわたって維持されるとともに、市場においてもそれに見合った評価を受けられるはずです。
 
 

 
 
 

NPO法人 Smile 住宅安心ネットワーク
 
Copyright © 2008 smile-ja.net all light recerved